七五三の千歳飴の正しい食べ方や余った飴の利用方法をご紹介します

七五三のお祝いに欠かす事が出来ないのが「千歳飴」。

神社やスタジオで千歳飴をもらえることは知っているけれども、

「千歳飴って伝統に沿った食べ方ってあるの?」

「そもそも千歳飴って購入できるものなの?」

そういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、千歳飴の食べ方や千歳飴の由来、千歳飴に託された親の願い、更に千歳飴を購入する方法や、残ってしまった千歳飴の利用方法等についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

七五三の千歳飴の正しい食べ方

子供の七五三のお祝いには必ず準備をしておきたい千歳飴ですが、千歳飴は縁起物と言う事もあり、その食べ方にも言い伝えがあります。

基本的には千歳飴は折ったりしないで、そのまま食べる事が望ましいと言われています

しかし、千歳飴はその長さが1m程にもなるため、小さな子供では1本を食べきる事は難しく、更に甘い千歳飴を1本丸ごと子供に食べさせてしまう事に抵抗感を持つ親も多くいます。

そのため、千歳飴は食べ易い大きさに切り食べても良いとされています。

また、小さな子供では食べ切れませんので、小さく切ってご家族で分け合って食べても大丈夫です

千歳飴は硬く粘りもあるため包丁などでは切り難いので、袋に入れたまま包丁の背中等で叩くように割ると良いです。

七五三の千歳飴の由来

千歳飴は七五三のお祝いをされる子供を喜ばせる物と考えられそうですが、実は千歳飴は親の願いが込められており、その由来は江戸時代まで遡ると言われています。

千歳飴の由来には2つの説が考えられており、1つは東京の浅草寺が発祥である説です。

江戸時代当時この浅草寺では紅白に染められた飴を千年飴として売り出していましたが、この千年飴が江戸時代当時としては大変貴重な物であり、子供にとってはとても嬉しい贈り物であった事から、七五三と言う特別なお祝いに贈られる様になった説

もう1つの説は大阪の商人が江戸に来て長い千歳飴を食べる事で千年もの長寿を全うする事が出来るとして売り出したと言う説です。

どちらの説も「千年もの長寿」がキーワードになっており、子供が対する末長く健やかに成長して欲しい親の願いが現在でも千歳飴に込められていると言われています。

また、当時の千歳飴は年齢の数だけ入れられていたとされており、その千歳飴を家族やご近所で分け合って食べたとされています。

千歳飴の大きさや袋に描かれた柄の意味

実は千歳飴には太さや長さが定められており、その袋には長寿と健康の定番となる鶴や亀、更に松竹梅等が描かれています。

一般的な千歳飴は、太さが15mm位迄で長さは1m以内であると言う決まりをもとにして作られています

そして、この千歳飴を入れる袋に描かれているのは長寿の象徴とも言える鶴や亀で、皆さんもご存知の鶴は千年亀は万年の言い伝えを袋にデザインされております。

また、松竹梅は、寒い冬でも枯れることなく緑を保ち続ける松や竹と、寒い冬を過ごし春に真っ先に花を咲かせる梅と言う意味を持っており、健康や生命力強さの象徴とも言えます。

さらに寿の言葉はおめでたい時には必ず使われる言葉で、これらを全て組み合わせ子供が末永く健康に成長できるための全てのキーワードが描かれています。

千歳飴はどこで買う事が出来るの?

千歳飴はどこで購入する事が出来るのか確認しておきましょう。

まず、現在の七五三のお祝いでは、参拝する神社や写真撮影を行うスタジオで頂ける場合も多くあります。

一方、購入する場合には七五三のシーズンであればスーパーや和菓子屋、スイーツ等を取り扱うお菓子屋、更に近くのコンビニでも販売されています

七五三のお祝いで参拝する神社では、祈祷を依頼した場合には祈祷後に授与品として頂く事が出来ますが、神社内で販売も行っています。

神社内で購入出来る千歳飴は、お祓いや祈祷がおこなわれた神聖な千歳飴を分けて頂くと考える方が正しいと言えます。

残ってしまった千歳飴の利用方法をご紹介

いくら甘い物が大好きな子供でも、千歳飴を全て食べきる事は結構難しいものです。

そのため、せっかく購入した千歳飴が残ってしまうケースも多くあります。

特に神社等で頂いた縁起物でも有る千歳飴は、どの様に利用すれば良いのか判らない場合もあると感じます。

そこで、千歳飴のお薦めの再利用法をいくつかご紹介します。

千歳飴には砂糖が使われているため、砂糖の代わりにとして料理等に利用する事が出来ます

たとえば、煮物をする場合や、大学芋などを作る場合に適しています。

砂糖の代わりになる甘みがある事は勿論ですが、飴が持っている特徴で煮物や大学芋等に照りやツヤが出ますので試して見ましょう。

また、寒い冬にはホットミルクやホットコーヒー等に溶かして見るのもお薦めです

スイーツ好きの方であれば鍋で水と千歳飴を溶かし、そこに生クリームとバターを加えキャラメルソースを作り、パンケーキを焼けば簡単なスイーツを作る事も出来ます。

まとめ

七五三のお祝いに欠かす事の出来ない千歳飴は、親が子供に対する気持ちが込められた長い歴史を持つお菓子です。

その昔、江戸時代の頃は子供の生存率が今の様に高く無く、生まれて来た子供が無事に成長し長生きをして欲しいとの願いが込められており、その願いは現在の親でも何ら変わる事はありません。

この先の将来もこの様な素晴らしい文化が受け継がれて行って欲しい伝統といえるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!