七五三で産着(初着)を着る場合には仕立て直しを必ずおこないましょう

子供の成長を祝う行事として日本に古くから伝わる七五三ですが、毎年10月から11月に掛けては日本各地の神社等は七五三を祝う参拝客でにぎわいを見せます。

そんな七五三の時に子供が着る着物は、女の子であれば着物やドレス、男の子で有ればスーツや袴(はかま)ががありますが、お子さんが生まれた時には健やかな成長を祈念してお宮参りを行った際の産着を使用されるケースも多く見られます。

そこで、この記事では、七五三のお祝いの時の着物について産着や袴の種類別にその考え方などをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

七五三では産着(初着)を使用できるの?

産着は、生まれたばかりの子供に初めて着せる服ですが、現在は子供の健やかな成長を祈念してお宮参りを行う際に着せる服を産着とする場合もあります。

この産着には子供を守る「魔よけ」の意味合いを持っており、女の子の産着は赤や黄色を基調とした物が多く、一方、男の子の産着は鷹や兜などの絵柄が書かれている物が多くあります。

そのため、子供が無事成長してくれた3歳や5歳になった時の七五三の時の着物として、これらの産着を仕立て直して使う事が出来ます。

ただし、産着はそのままでは七五三の着物として着る事が出来ず、必ず子供の成長に合わせ直す事が必要になりますので、その事を理解しておきましょう

3歳の七五三の女の子の着物は「被布」が一般的

3歳の七五三は主に女の子のお祝いですが、地方によっては男の子でも七五三のお祝いをおこなう地域もあります。

そこで、3歳の七五三の着物についてどの様な物があるのかを考えてみましょう。

女の子の3歳の七五三の着物の主流は、着物の上から「被布(ひふ)」と呼ばれる着物の上に羽織る上着の様な物を着るスタイルが多くなっており、七五三の季節には着物と被布を着た小さな女の子を見かけることも多いと思います。


出典:isehara-seita.com

3歳の小さな女の子が、一般的な着物だけでは非常に窮屈そうに見えますが、この被布を羽織るだけでとても可愛らしく見えます。

この被布の下には着物を着る事になりますが、その場合の着物は、現在ではレンタルで借りる事も出来ますが、一方では子供がお宮参りで着た産着を直して着る場合も多々あります。

着物の場合には「三つ身」や「四つ身」と言われる着物のサイズがあり、四つ身サイズであれば、7歳の七五三でも着る事が出来ます。

また、この被布や着物に合わせて襦袢(ジバン)や、半衿(はんえり)や重ね衿を合わせたり、さらに草履(ぞうり)や志古貴(しごき)や兵児帯(へこおび)の準備が必要になります。

5歳の七五三の男の子のお祝いには羽織り袴を

5歳の七五三は一般的には男の子のお祝いになります。

そこで、5歳の男の子の七五三祝いの着物について考えてみましょう。

現在、一般的に多く見られるのが羽織り袴です。


出典:iseya-photo.co.jp

この羽織袴姿の着物は、レンタルで借りる事も可能で特に七五三シーズンには多くの衣装レンタル店でも取り扱っています。

しかし、七五三のシーズンが迫って来ると残された衣装も限られてしまうので、羽織袴のレンタルを希望する場合には、早めに衣装レンタル店で予約をしておく事が大切です。

一方、男の子の羽織袴でも、女の子の3歳の七五三の着物と同様に産着を仕立て直す事が出来ます。

特に男の子の産着に多く見られる鷹や兜等のデザインは羽織袴にしても男の子らしいデザインにする事が出来ますので、自前の産着を羽織袴に仕立て直すのもお薦めと言えます。

一方、男の子の場合にはスーツを着る子も多くいて、このスーツも衣装レンタルで借りる事が出来ますので、早めに衣装合わせやレンタルの予約をする事をお薦めします。

七五三で袴を着る場合の注意点について

5歳の男の子の七五三で袴を着るケースが増えていますが、袴を七五三の着物として利用する場合、産着から作り直し事が出来ます。

産着は一つ身と呼ばれる作りになっており、背中になる部分に縫い目が無い構造になっています。

そのため、身体が大きくなった5歳児様に作り直すには縫い合わせなどに注意が必要になり、縫い合わせがうまく合わない場合には、産着を仕立て直す事が出来ないこともある事を理解しておきましょう

また、袴を使用する場合には、角帯(かくおび)や草履、足袋や扇子、懐剣(かいけん)や羽織紐(はおりびも)、更に腰ひも2本やお守り等も必要になるので忘れずに用意しておきましょう。

七五三で産着を使う場合のお直しについて

七五三で初参り等で使った産着を改めて使う場合には、必ず成長した子供の身体に合わせ「お直し」をする必要があります。

具体的なお直しは、次の様な事が行われます。

  • 産着の肩上げ
  • 腰上げ袖口の縫い直し
  • 襟袢に付け袖がついている場合には取り外す
  • 比翼を取り外す

などが行われます。

特に肩上げや腰上げは赤ちゃん時代の身体付きとは大きく変わってきた子供に合わせる大切な工程で、このお直しがきちんと出来ていない着物は、子供にとっても非常に負担になる為必ず行う事が必要になります。

また、このお直しには、業者によっても変わって来ますが概ね1週間程の時間がかかるので、産着を七五三の着物にとお考えの場合には、日程的にゆとりを持って依頼しておく事も大切です。

まとめ

七五三は子供の健やかな成長を祝う行事で、その祝い事で着る着物にも多くの想い出を持たれている方も多くいます。

そのため、お宮参りの時に着た産着を再利用するご家庭も多くあり、産着を仕立て直してくれるサービスも数多く存在しています。

産着を仕立て直す事で生まれたばかりの小さかった我が子が大きく成長した実感を味わう事が出来ますので、いつまでも日本には残って欲しい文化でもありますよね。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!