スーパーボリンジャーバンドの見方と使い方

前回は「スパンモデルの見方と使い方」についてまとめました。

今回は引き続き、スパンモデルと併用されることの多いスーパーボリンジャーバンドについてまとめます。

スーパーボリンジャーバンドとは

スーパーボリンジャーバンドとはボリンジャーバンドをベースに、元為替ディーラーである柾木利彦氏(マーフィー)が考案したテクニカル指標です。

スーパーボリンジャーバンドはスパンモデルを補完する意味合いが強いとされており、一般的にもスパンモデルと組み合わせたトレードが推奨されています。

ボリンジャーバンドと同様、価格の勢いの変化や反転の目安、方向を判断するために利用されます。

スーパーボリンジャーバンドの見方

スーパーボリンジャーバンドは、通常のボリンジャーバンド遅行スパンを加えて表示したものです。

ボリンジャーバンドの移動平均線が上向きの時は上昇トレンド下向きの時は下降トレンドと判断することができます。

また、価格(ローソク足)の終値の位置で以下のようにトレンドの強さを判断します。

上昇トレンド

移動平均線が上向きで、以下の状態の場合は弱い上昇相場と判断します。

  • ローソク足の終値が移動平均線と+1σの間にある場合
  • ローソク足の終値が移動平均線と-1σの間にある場合
  • ローソク足の終値が-1σと-2σの間にある場合

以下の状態の場合は巡航速度の上昇相場と判断します。巡航速度のトレンド形成はもっとも理想的とされています。

  • ローソク足の終値が+1σと+2σの間にある場合

以下の状態の場合は強い上昇相場と判断します。

  • ローソク足の終値が+2σよりも上にある場合

下降トレンド

移動平均線が下向きで、以下の状態の場合は弱い下降相場と判断します。

  • ローソク足の終値が移動平均線と-1σの間にある場合
  • ローソク足の終値が移動平均線と+1σの間にある場合
  • ローソク足の終値が+1σと+2σの間にある場合

以下の状態の場合は巡航速度の下降相場と判断します。

  • ローソク足の終値が-1σと-2σの間にある場合

以下の状態の場合は強い下降相場と判断します。

  • ローソク足の終値が-2σよりも上にある場合

スーパーボリンジャーバンドの遅行スパン

遅行スパンと価格(ローソク足)の位置関係でも、相場のトレンドを判断することができます。

遅行スパンが価格(ローソク足)よりも上にある場合は上昇トレンド、価格よりも下にある場合は下降トレンドと判断できます。

また、遅行スパンが価格(ローソク足)を上に抜ける(陽転する)と下降トレンドから上昇トレンドへの転換、下に抜ける(陰転する)と上昇トレンドから下降トレンドへの転換と判断できます。

スーパーボリンジャーバンドに関連する書籍

スパンモデル・スーパーボリンジャーを用いた実践トレードコーチング ()

参考

スーパーボリンジャーバンドの使い方・売買サイン
出典:www.fxciao.com

スパンモデル/スーパーボリンジャーは元ディーラーである柾木利彦氏(マーフィー)が考案したテクニカル手法である。「スパンモデル」は一目均衡表をベースにアレンジを加えたもので、「スーパーボリンジャー」はボリンジャーバンドを応用しアレンジを加えたものとなっており、「スーパーボリンジャー」については「スパンモデル」を補完する意味合いが強いとされている。一般的には「スパンモデル」、「スーパーボリンジャー」を組み合わせたトレードを推奨している。
出典:hirose-fx.co.jp

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!