上昇三角型と下降三角型【トライアングル】

前回は「上昇ボックス型と下降ボックス型」についてまとめました。

今回は、同じく保ち合い相場で出現するパターンである上昇三角形型と下降三角形型についてまとめます。

上昇三角型(アセンディング・トライアングル)

上昇三角形型は、水平なレジスタンスラインと、右上がりのサポートラインの範囲で価格が保ち合いを続けるパターンです。英語ではアセンディング・トライアングルといいます。

上昇トレンド中に高値を超えられず、勢いがいったん落ち着きますが、下値は切り上がっており、レジスタンスを抜けると再度勢いが加速します。

下降三角型(ディセンディング・トライアングル)

上昇三角形型とは逆の形状で、サポートラインが水平でレジスタンスラインが右下がりになっているパターンです。英語では、ディセンディング・トライアングルと呼ばれています。

下値がサポートラインに支持されつつ上値が切り下がっている状態は、いずれサポートラインを抜けて下降トレンドになる可能性が高いと言えます。下降トレンド中によく見られるパターンです。

三角型(トライアングル)の売買シグナル

上昇三角型

上昇三角型では、価格がレジスタンスラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

下降三角型

下降三角型では、価格がサポートラインを上抜けた場合を売りシグナルと判断します。

三角型(トライアングル)のターゲット

上昇三角型

上昇三角型は、トライアングルの底辺にあたる最も広い部分の高さと同じ距離を、ブレイクポイントから上に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

下降三角型

下降三角型も上昇三角型と同様、トライアングルの底辺にあたる最も広い部分の高さと同じ距離を、ブレイクポイントから下に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

まとめ

どのチャートパターンでもダマシは存在しますが、上昇三角型の場合でもレジスタンスラインで反発後、サポートラインを抜けて下落する場合があります。反対に下降三角型が出現した場合でもレジスタンスラインをブレイクし、上昇する場合もあります。パターンが出現したからという理由だけではなく、パターン形成後に価格が動く方向を確かめてから売買をすることも重要といえるかもしれません。

参考

上昇トレンド中に高値を超えられず、一度勢いが弱まわったように見えますが、下値は切り上がっており、抵抗線を抜けると勢いが加速します。
出典:www.fxciao.com

上昇三角形型は、水平なレジスタンスラインに対し、下値が切り上がっていくパターンです。

英語では、アセンディング・トライアングル・パターン型と言います。
出典:fx-quicknavi.com

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大