トリプルトップとトリプルボトム

前回は「ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップとヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム」についてまとめました。

今回は天井圏で3つの山を形成することや、底値圏で3つの谷を形成することがヘッド・アンド・ショルダーズと似ているトリプルトップ(ボトム)についてまとめます。

トリプルトップ

トリプルトップは、ヘッド・アンド・ショルダーズと同様、上昇トレンド終了時(天井圏)に多く見られるチャートパターンの一つです。

中央の山が突出しているわけではなく、どの山もほぼ同じ高さになっているという点でヘッド・アンド・ショルダーズとは異なります。

1つ目と2つ目の山のあいだの谷、2つ目と3つ目の山のあいだの谷。この2つの谷に対して水平に引いた線をネックラインと呼びます。

上昇トレンドが続いた後、1つ目の谷を形成し反騰しますが、前回の高値水準とほぼ同じ価格で下落し2つ目の谷を形成します。その後再度上昇しますが、ここでも高値を大きく更新できずに下落し、ネックラインを下回ると下降トレンドへ移行します。

トリプルボトム

トリプルトップとは逆の形状で、下降トレンド終了時(底値圏)に見られるチャートパターンの一つです。

トリプルトップと同じく真ん中の谷が低い場合はヘッド・アンド・ショルダーズになります。

ヘッド・アンド・ショルダーズと比べると出現頻度は低いですが、トレンドの転換を示す信頼性の高いシグナルになります。

トリプルトップ・ボトムの売買シグナル

トリプルトップ

トリプルトップでは、価格がネックラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断します。

下図では価格が一度ネックラインを下抜けたものの、いったん反発し、その後再度ネックラインを下抜け下降相場へと移行しています。そのため売り判断の際には、一度下抜けた価格がレジスタンスとなっているネックラインを再度上に抜けないことを確認する必要があるといえます。

トリプルボトム

トリプルボトムでは、価格がネックラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

下図では3つ目の谷を形成後、価格がネックラインまで上昇していますが、ネックラインを超えることができずに一度下落し、再度の上昇でネックラインを上抜けています。

トリプルトップ・ボトムのターゲット

トリプルトップ

トリプルトップでは、3つの山の最高値からネックラインまでの距離と同じ距離を下に伸ばしたポイントが決済の目標値となります。

トリプルボトム

トリプルボトムでは、3つの谷の最安値からネックラインまでの距離と同じ距離を上に伸ばしたポイントが決済の目標値となります。

参考

ヘッド・アンド・ショルダーに比べれば出現率は低いですが、もし見抜くことができれば相場の転換点を掴む大チャンスです。必ず覚えておきましょう。
出典:fxをはじめよう.com

なお、3つの山を形成する天井圏のパターンとしては、(図12)の下の図のように、3つの山の高さがほぼ同じ形をしたトリプル・トップと呼ばれるものもあります。
出典:www.nomura.co.jp

スポンサーリンク
レクタングル大