上昇ウェッジ型と下降ウェッジ型

前回は「上昇フラッグ型と下降フラッグ型」についてまとめました。

今回は、トレンドの転換のサインともなる上昇ウェッジ型と下降ウェッジ型についてまとめます。

上昇ウェッジ型

上昇ウェッジ型は、右上がりのレジスタンスラインとサポートラインのあいだで価格が保ち合いを続けるパターンです。

上昇ウェッジ型には下降トレンドの途中に出現するパターンと、上昇トレンドの終盤に出現するパターンの2種類があります。

下降トレンドの途中に出現するパターンでは、価格は上値が緩やかに切り上がり、下値は上値以上に切り上がるため値動きが徐々に小さくなりますが、最終的にサポートラインを下に抜けることで下降トレンドが継続します。

下図のように上昇トレンドの終盤で出現する場合も、同様に値幅が徐々に小さくなり、最終的にサポートラインを下抜けるとトレンド転換のシグナルと判断することができます。

<上昇トレンドの終盤に出現するパターン>

下降ウェッジ型

下降ウェッジ型は、右下がりのレジスタンスラインとサポートラインのあいだで価格が保ち合いを続けるパターンです。

上昇ウェッジ型と同様、上昇トレンドの途中に出現するパターンと、下降トレンドの終盤に出現するパターンの2種類があります。

<上昇トレンドの途中に出現するパターン>

上昇トレンドの途中に出現した場合は、レジスタンスラインを上に抜けることで上昇トレンドが継続します。

一方、下図のように下降トレンドの終盤で出現した場合は、レジスタンスラインを抜けることでトレンド転換のシグナルと判断することができます。

<下降トレンドの終盤に出現するパターン>

ウェッジ型の売買シグナル

上昇ウェッジ型

上昇ウェッジ型では、価格がサポートラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断します。

下降ウェッジ型

下降ウェッジ型では、価格がレジスタンスラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

ウェッジ型のターゲット

ウェッジ型のターゲット(目標値)は、トライアングルと同様、三角形の底辺にあたる最も広い箇所の高さと同じ距離をブレイクポイントから上または下に伸ばしたポイントとなります。

しかし、下図のようにトレンドの途中で出現するウェッジ型はパターンそのものが小さい傾向にあるため、上記の方法ではターゲットに容易に到達してしまうという特徴があります。

まとめ

ターゲットについては、三角形の底辺部分の幅を基準に計測する方法が一般的とされているようですが、パターンを形成する前の変動幅を基準とする方法もあるようです。

個人的には三角形の幅を基準とする方法は、トレンドの途中に出現するウェッジ型のパターンに適用しても、それほど効果的ではないのではないかと考えています。

ペナント型のように、急騰または急落が始まったポイントからの高さと同じ幅をターゲットとする方法でも良いのかもしれません。

参考

ウェッジ・パターンにおける目標価格の計算方法は、トライアングル同様、ウェッジの最も幅の広い部分の高さを測り、この高さを突破が確認された地点から投影するという方法が一般的です。この他には、ウェッジ・パターンを形成する前の変動幅をウェッジ・パターン完成前の転換地点に投影する方法もあります。
出典:www.toushilabo.com

下降ウェッジ型は、上値、下値ともに切り下がりながら、上放れするパターンです。
下降トレンドから上昇トレンドに転換する前に現れやすい。
出典:fx-quicknavi.com

上昇トレンドの終盤に上昇ウェッジが出た場合には反転シグナル。
下降トレンド中の戻しの値動きが上昇ウェッジなれば下降トレンドの継続パターン。
下降トレンドの終盤に下降ウェッジが出た場合には反転シグナル。
上昇トレンド中の押し目の値動きが下降ウェッジになれば上昇トレンド継続のパターン。
出典:sokusenryoku-fx.com

スポンサーリンク
レクタングル大