ウィリアムズ%Rの見方と使い方

前回は「シャンデモメンタムオシレーター(CMO)の見方と使い方」についてまとめました。

今回は、CMOと同じくオシレーター系のテクニカル指標であるウィリアムズ%Rについてまとめます。

ウィリアムズ%Rとは

ウィリアムズ%Rは、ラリー・ウィリアムズが考案したオシレーター系のテクニカル指標です。

RSIやストキャスティクスと同様、「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するために利用されます。

一定期間の最高値と最安値の価格変動幅の中から、直近の価格がどの位置にあるかを示したものです。高値に近いほど数値が小さくなり、反対に安値に近いほど数値が高くなります。

ウィリアムズ%Rの見方

基本的に0~−20%の間で買われすぎ、−80%~−100%の間で売られすぎと判断します。

さらに正確な判断をするために−10%、−90%と基準を変更することもあるようです。

ウィリアムズ%Rの計算式

ウィリアムズ%Rは以下のように計算します。

%R =
(一定期間の最高値 − 現在の足の終値) ÷ (一定期間の最高値 − 一定期間の最安値) × 100

ウィリアムズ%Rの売買シグナル

%Rが一定水準を抜けた場合

%Rが0%付近を何度かタッチしてから−20%を下抜けた場合(ガーベージトップ)を売りシグナル、%Rが−100%付近を何度かタッチしてから−80%を上抜けた場合(ガーベージボトム)を買いシグナルと判断します。

ダイバージェンス

MACDやRSIと同様、ダイバージェンスが発生した場合を、トレンドの転換が近いサインと見ます。

ダイバージェンスが高値圏でが発生した場合は売りシグナル、底値圏で発生した場合は買いシグナルと判断できます。

ウィリアムズ%RをMT4で表示させる

ウィリアムズ%Rは、オシレーター系インジケーターのWilliams’ Percent RangeとしてMT4に標準で搭載されています。

期間は初期設定値が14(日間)となっていますが、一般的には10(日間)が利用されるようです。

ウィリアムズ%Rの注意点

ウィリアムズ%Rは価格に敏感に反応するため、他のオシレーター系指標と比べてもダマシが多く発生しやすい傾向にあります。

しかし、レンジ相場では高値・安値を把握しやすい指標となるため、レンジ相場でのみ利用しても良いのかもしれません。

ウィリアムズ%Rに関連する書籍

ラリー・ウィリアムズの短期売買法【改定第2版】 (ウィザードブック)

ラリー・ウィリアムズの株式必勝法~正しい時期に正しい株を買う (ウィザードブックシリーズ)

参考

ウィリアムズ%R(William’s %R)
出典:www.moneypartners.co.jp

これは、MT4で%Rオシレーターを表示したものです。標準機能でWilliams’ Percent Rangeという項目があります。
出典:www.fxciao.com

単純に0~-20%の間で買われすぎ、-80%~-100%の間で売られすぎと判断することが多いようです。さらに厳密な判断をするために-10%、-90%まで基準をずらすこともあるようです
出典:fx.inet-sec.com

ガーベージトップとは%Rの値が0%付近を何度かタッチしてから-20%の ハイ・ラインを下抜けたときが上昇から下降への売りシグナルと判断することができます。 逆にガーベージボトムという形も見られます。 %Rが何度か-100%をタッチしてから、-80%のローラインを上抜けたときが買いシグナルです。
出典:fxtrend.jp

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!